借金地獄

与信管理と信用調査

債権の不履行が起きる前に対策を討つには、債務者である会社の日々変化する状況を把握する必要があります。そうした債務者の信用度を見極める調査を、信用調査といいます。そして信用調査を定期的に行い、債権を管理する事を与信管理といいます。こうした管理体制をとる事で、債務者が経営危機に陥る兆候をいち早く発見して、事前に取引額の減額や停止といった対応を取る事が重要となります。信用調査には債務者が公開しているホームページの閲覧から、決算書や商業登記事項証明書などの調査に、関係者などからのヒアリングと、さまざまな手法があります。特に、商業登記簿や不動産登記簿などは、法務局に行けば、誰でも簡単に債務者の会社情報が入手が出来ます。しかしこのように、簡単に取得出来る情報こそ、的確な分析には繋がりにくいものです。よって定期的に、調査専門会社への依頼する事も必要になって来ます。また調査のタイミングも4半期ごとの定期的に行うだけではなく、債務者から取引条件の変更依頼があった時など、随時、調査を掛けて行く必要があります。こうした与信管理においては、1社だけを与信管理する事は有り得ません。一般的には、多くの取引企業の与信管理が必要となる事から、社内に与信管理規定を設けて、常に全額の債権回収を念頭に置いた行動規定が重要となります。そして、与信管理規定を設置する事で、社員の誰であっても共通の認識と行動がとれるようにしておく事が必要となります。

与信管理と信用調査関連ページ

債務者のチェック
倒産の法的整理
倒産の任意整理