借金地獄

倒産の任意整理

破産手続きや民事再生など、裁判所の関与のもとで行われる倒産処理が法的整理に対し、裁判所などの監督を受ける事なく、関係者が自主的に任意で行う倒産処理を、任意整理と呼びます。この方法は、関係者の自主性に委ねられている事から、柔軟な対応が可能ではありますが、公正で公平な解決を得られる保証は一切ありません。それ故に、債権者が多数いる場合などには難しいといえます。任意整理では、債務者の呼びかけにより、まずは債権者会議が開かれます。この会議をもって、債権者の中から債権者委員が選任されて、債権者委員会が発足致します。その後、債権者委員会では債権者からの委任を受けて、債務者の会計帳簿や資料から、財産の調査と保全を行います。そして債権額等が確定した時点で、これからの整理の基本方針として、会社を清算するのか再建するのかについて協議が行われます。その後、協議内容について委員会の承認が得られて時点で、債権者への配当が行われるのと同時に、残債権の放棄が求められ、倒産の処理は終了する事となります。なお、債権者会議に出席をしなかったり、または債権の届出をしなかったからといって、債権者としての権利を奪われたり、整理後に配当が受けられなくなってしまう事はありません。しかし債務者の誠意や、今後の整理の方向性などを知る事が出来ますので、債権者会議には出席する事が望まれます。特に、自身の債権額が大きい時には、債権者会議に出席をして、倒産処理に積極的に絡んでいく方が良いといえます。