借金地獄

倒産の法的整理

会社が倒産をすると手続き処理が行われますが、一般に裁判所を関与させるケースと関与させないケースに大別されます。その中でも、裁判所を関与させる手続きには、倒産した会社を清算させてしまう「破産手続き」と、倒産した会社の再建を図る「会社更生手続き」と「民事再生手続き」があります。破産手続きは、裁判所の監督の下に、破産管財人が債務者の財産を管理、そして換金をする事で債権者に公平な配当が行われます。また債務者は裁判所から免責を得る事で、債務の支払から免れる事も出来ます。このように、債務者にある程度の財産がある場合には、管財事件として取り扱われる事になります。裁判所から破産手続き開始決定が出ると同時に、債務者は破産者となり、全ての財産の管理は破産管財人が管理する事になります。それに対して、債務者に財産が無ければ、破産手続き開始と同時に全ての手続きが終了する事になります。これを同時廃止と呼んでいます。一方で、民事再生手続きは、裁判所の監視の下に、債務者が再生計画を立てて、債務者の経済的再生を図るものです。破産との大きな違いは、債務者の財産は裁判所に保全されるものの、業務をそのまま遂行出来る点にあります。また会社更生手続きは、株式会社を対象とする再建型の法的整理になります。申立て後、すぐに裁判所からの保全処分と保全管理人が選任され、事業の経営権は移る事になります。よってこれまでの取締役等の経営陣は全て解任される事になります。その後は、更正手続きの開始決定とともに、更正管財人が選任されて、裁判所の管理のもとで再建が進められて行く事になります。