借金地獄

債務整理の種類

債務整理にはいくつかの種類と方法があります。例えば、債務者が裁判所に申し立てを行なって、法律に定められた手順に沿って債務の整理を行なう事を、公的な債務整理と呼びます。この公的な債務整理には民事再生法や破産法に則した「民事再生」「特定調停」「自己破産」があります。こうした公的な債務整理は、取立ての停止を行うとともに、債務の減額や免除、または利子分を免除する事で、債務者の自立支援を行う事を目的としています。これに対して、裁判所を介する事なく、債権者と債務者との間で、話し合いによって行なう整理方法を、一般に私的な債務整理と呼んでいます。但し、通常は弁護士や司法書士に、協議の代行を行ってもらう事になります。こうした私的な債務整理の代表であります「任意整理」も、公的な債務整理と同じく、債務者の負担を下げる事で、自立支援を行う事を目的としています。また、債務整理の利用条件は、その種類によって大きく変わって来ます。例えば、自己破産は債務が全て帳消しに出来ますが、財産を手放さなくてはなりません。また任意整理は裁判所の手続きも必要なく、手軽なメリットもありますが、私的な話し合いであるが故に、債権者が話し合いに応じてくれない事も充分考えられます。それに対して自己破産は債権者の同意を得る必要もなく、債務整理を進める事が出来ます。よってどの債務整理が、自分にとって利用のメリットが高いのか、まずは弁護士や自治体が行っている無料相談などに赴いて、相談を始めることからスタートするのが得策といえます。