借金地獄

債務整理のメリット

債務整理を行う事で、金融機関等に対して将来的なペナルティが、課せられる事になります。特に自己破産をすれば、破産者リストや官報に名前が掲載されたり、就労出来る職業に制限が課せられたり致します。また裁判所に無断での引越しや、海外旅行を禁止される事も考えられます。しかし、こうした債務整理においても、当然、メリットはあります。債務整理を行う人は、借金の返済の為に借金を繰り返すような、多重債務者が多いのが現状です。このように膨らんでしまった債務の返済に追われる日々から、債務整理を行う事で抜け出す事が出来ます。幾分のデメリットはあっても、多重の債務を抱えこんで、返済が出来ずに悩み続けるよりは、メリットの方が大きいといえます。特に任意整理は、裁判所を通さずに、債権者と債務者との間で、私的に話し合いをする事で和解を得ますので、債務者のメリットも高いといえます。もしも過払い金が生じていれば、返済を求める事も可能ですし、弁護士や司法書士に任意整理の申立てを行っただけで、債権者からの催促を止める事も出来ます。また裁判所を通した公的な債務整理の中でも、自己破産は重いイメージを持ってしまいがちですが、自己破産以外にも方法はあります。例えば、個人民事再生法であれば、ローンが残っていても住宅を手放さなくて済みます。債務整理とは、債務の減額や免除を申立てる事により、債務者の自立支援を行う事を目的としています。まずは弁護士や自治体が行っている、無料相談などに赴いてみては如何でしょうか。