借金地獄

弁護士の選択と相談

債務整理を行う際に、数多くいる弁護士の中からの選択は、とても重要となります。当然、相性や外見に、初期対応時の印象が大事となります。また、料金が明瞭な弁護士事務所を選択するなど、弁護士報酬も選択のポイントとなります。何度か無料相談に赴いて、複数の弁護士のお話を聞いて見るのも得策です。専門用語を並べて解りづらい説明ばかりではなく、丁寧で具体的なアドバイスを貰える弁護士が望まれます。更には、不利な条件もきちんと提示をしてくれる弁護士の方が良心的といえます。そして弁護士が決まり、必要な費用の確認を終えれば、次に相談への準備が必要となります。短時間で適格な相談とアドバイスが頂けるように、事前準備がとても重要となります。準備が必要な書類は、現在の借入れ内訳一覧表や、借入れ時の契約書や領収書などです。更には、自分の財産も一覧表を作成します。この時、所有している不動産には登記簿謄本が必要になります。その他には、預金通帳や、ここ数ヶ月の給与明細なども準備をしておく必要があります。また事前準備として、相談内容のポイントと質問事項についてとりまとめておくと、相談がスムーズに進みます。なお、弁護士との相談には、自分自身で出向く事が薦められます。これは本人でないと聞けない質問や、アドバイスがあるからです。また代理人を通す事で、本人へ正確に弁護士からのアドバイスが伝わらないリスクもあります。また弁護士には守秘義務がありますので、信頼を持って不利な事も包み隠さず伝える気持ちが必要です。このように借金で悩む日々を過ごすのであれば、1日でも早く弁護士に相談をして、解決策を講じる事が望ましいといえます。