借金地獄

任意整理と特定調停

任意整理とは、自己破産と違い裁判所を通す事なく、債権者と債務者が自由に交渉する方法です。それに対して特定調停とは裁判所への申立てによって始まり、調停委員が間に介入をする民事調停の一種となります。よって、任意整理での合意はあくまで当事者同士の和解契約に過ぎず、債務者が合意した内容を守らない時は、債権者が裁判所へ訴え出なくてはなりません。それに対し、特定調停での合意は、裁判所が介入している事で、成立した調停内容に債務者が従わない場合は、すぐに強制執行を行う事が出来ます。また債務者側の立場では、特定調停は調停委員が間に介入してくれる事で、法律知識がなくても問題なく利用する事が出来ます。但し、特定調停は債権者を個別に相手する為、債権者が複数いる時には、この制度は向いていないといえます。更に、債権者側が裁判所からの通達に応じず、出頭をしてくれなければ調停は成立しない事になります。これは任意整理のケースでも同じです。特に任意整理は、債権者との直接交渉によって、利息や毎月の支払額の減額をお願いするものですが、多くの場合、債権者はこうした債務者からの申し出を受け付けてはもらえません。よって任意整理を行う場合は、法律に詳しい弁護士や司法書士に依頼をする事が望まれます。但し、専門家に依頼をする事で、20%前後の成功報酬などの費用が発生する事を念頭において行動する必要はあります。まずは無料相談などからスタートして、任意整理と特定調停のどちらを利用するのが、自分には得策なのかを見極めてみる事をお勧めいたします。