借金地獄

個人民事再生の条件

破産をすると、個人の財産は全て処分されてしまい、自宅も処分されてしまいます。そこで破産をする前に、個人民事再生の方法を出来るだけ選択する事が望ましくなります。しかしこの個人民事再生には、債務者が将来において、継続して収入を得る見込みが無ければなりません。そして抵当権などで設定されているものを除いて、債務総額が5000万円以下といった条件があります。また債務総額に対しては、原則3年、最長で5年で分割返済していく必要もあります。こうした条件をクリアしたうえで、再生計画を立てたものを、債権者の了承を得たのち、裁判所が認可決定をして、初めて個人民事再生が行われる事になります。当然、債権者が再生計画を了承決議しないケースもあります。その場合は、個人民事再生の手続きは廃止となってしまいます。また、この個人民事再生には「住宅資金貸付債権に関する特則」が設けられており、個人民事再生手続きの過程で、住宅ローンは他の債権と分離して扱う事としています。このことで、債務者が住宅を失わないように返済計画を組む事が、認められている事になります。なお、債務総額の計算には、実質は元本の利息や損害金も含まれる事になります。よって、債務総額が5000万円ぎりぎりの場合は、債務総額に利息分が加わる事で、5000万円を超過しないか注意をする必要があります。なお、再生計画を実行中に、病気などにより返済が難しくなった場合は、申し出により債務の減額は出来ませんが、弁済期間の延長には応じてもらえる事があります。