借金地獄

個人民事再生の選択

債務総額がとても多い場合は、任意整理や特定調停のように、債権者との直接交渉を考えるよりも、自己破産か個人民事再生の選択をする方が適当といえます。但し、自己破産と個人民事再生のどちらを選択するかで大きく異なって来ます。一般には、破産手続きをする前に、手を打とうとするのが個人民事再生となります。個人民事再生の最大のポイントは、支払い不能の恐れがある段階から、再生手続きに入る事が出来る点にあります。このように早い段階から、債務の整理を行える事で、破産を回避する事に繋がっていきます。よって、すべてを失ってしまう破産手続きを選択する前に、まずは個人民事再生を選択出来るのかについて確認してみる事が望まれます。但し、個人民事再生には破産手続きと違って、いくつかの制限があるなど、抑えておかなくてはいけないポイントがあります。例えば、破産手続きはその課程で免責が決定されれば、債務者は債務の返済を免れる事になります。それに対して、個人民事再生では、債務が圧縮される事はあっても、債務を返済しなくてはいけない義務は残ってしまいます。その逆に、抵当権に設定されている自宅などは、破産手続きに入ると債権者に優先的に弁済される事になる為、債務者は自宅を失う事になります。しかし個人民事再生では、自宅を失わずに住む可能性も残っています。このように、破産手続きでは自宅などを失うばかりか、破産後に資格制限があるなど、一生のキズを負う事にもなります。よって、その一歩手前の個人民事再生で、踏み留まれるように対処する事が重要といえます。