借金地獄

保証会社の代位弁済

住宅ローンを組んでマイホームを建てましたが、返済が滞ってしまい、やむなく個人民事再生の申し立てを行おうとした時、住宅ローンの保証会社が代位弁済をしてくれる事があります。このように、保証会社は借主が月々の返済が滞ってしまい、ある一定の期間が過ぎると、債権者の銀行に対して代わりに返済をしてくれます。しかし、あくまでも銀行に対して不払い分の保証をしているだけであり、借主の債務が消えて無くなるわけではありません。代位弁済が行われた事で、債務者に対する債権者が、銀行から保証会社に代わっただけとなります。そして保証会社への債務の返済が滞ってしまうと、保証会社は担保にしている債務者の住宅を競売に掛けてしまいます。この場合、借主である債務者と保証会社の間には、個人民事再生や分割払いの契約を結んでいるわけではありません。よって、保証会社への債務の返済が滞ってしまった時には、住宅を守る手立てはなく、競売にかけられる事になってしまいます。そこで、保証会社が銀行などの債権者に代位弁済を行った場合は、6ヶ月以内に個人民事再生の申立てを行っておく事で、万が一返済が滞った時にも、住宅資金特別条項の利用が認められ、自宅を守る事も可能となります。もしも6ヶ月の間に、保証会社が自宅を競売に掛けてしまったとしても、個人民事再生を利用して、住宅資金特別条項が裁判所に認められているか、認められる見込みが確実な場合は、債務者の申し立てによって競売手続きの中止命令を出してもらう事も可能になります。