借金地獄

債務整理の方法記事一覧

任意整理とは、自己破産と違い裁判所を通す事なく、債権者と債務者が自由に交渉する方法です。それに対して特定調停とは裁判所への申立てによって始まり、調停委員が間に介入をする民事調停の一種となります。よって、任意整理での合意はあくまで当事者同士の和解契約に過ぎず、債務者が合意した内容を守らない時は、債権者が裁判所へ訴え出なくてはなりません。それに対し、特定調停での合意は、裁判所が介入している事で、成立し...

債務総額がとても多い場合は、任意整理や特定調停のように、債権者との直接交渉を考えるよりも、自己破産か個人民事再生の選択をする方が適当といえます。但し、自己破産と個人民事再生のどちらを選択するかで大きく異なって来ます。一般には、破産手続きをする前に、手を打とうとするのが個人民事再生となります。個人民事再生の最大のポイントは、支払い不能の恐れがある段階から、再生手続きに入る事が出来る点にあります。この...

破産をすると、個人の財産は全て処分されてしまい、自宅も処分されてしまいます。そこで破産をする前に、個人民事再生の方法を出来るだけ選択する事が望ましくなります。しかしこの個人民事再生には、債務者が将来において、継続して収入を得る見込みが無ければなりません。そして抵当権などで設定されているものを除いて、債務総額が5000万円以下といった条件があります。また債務総額に対しては、原則3年、最長で5年で分割...

住宅ローンを組んでマイホームを建てましたが、返済が滞ってしまい、やむなく個人民事再生の申し立てを行おうとした時、住宅ローンの保証会社が代位弁済をしてくれる事があります。このように、保証会社は借主が月々の返済が滞ってしまい、ある一定の期間が過ぎると、債権者の銀行に対して代わりに返済をしてくれます。しかし、あくまでも銀行に対して不払い分の保証をしているだけであり、借主の債務が消えて無くなるわけではあり...