借金地獄

担保の種類

取引先の資金繰りが厳しくなり、債務が履行されなくなったり、振り出された手形が不渡りを起こしていれば、債権者にとっては手遅れになってしまいます。そして、取引先から支払の延期を求められた時は黄色信号といえます。このように、黄色信号の兆候が現れた時は、債権者にとって担保を設定する事が重要となります。この担保には、「約定担保」と「法定担保」の2種類があります。そして、約定担保には留置権や先取特権などがあります。主な約定担保には、抵当権や根抵当権そして質権、または譲渡担保に所有権留保などがあります。まず抵当権とは、債務者もしくは保証人の不動産に設定がされます。但し、抵当権が設定されても、債務者はその不動産を自由に利用する事は出来ます。もしも抵当権を実行して不動産を売却する場合は、競売だけが売却方法では無く、個別に抵当に入っている不動産の買主を見つけて売却をする、任意売却の方法も取る事が出来ます。この任意売却の方が、一般的に競売よりも費用が安く済み、売却額の高くなる利点があります。それに対して、質権では設定された動産等の占有権が債務者に移され、弁済が済むまでは保留されてしまいます。もしも弁済が無ければ、質権が設定された動産等から、優先的に弁済に充てられる事になります。そして譲渡担保とは、動産や不動産の所有権を債権者に移し、期限までに弁済が無いと強制的に金銭に換価される事をいいます。最後に所有権留保とは、主には動産の売買で、売主が代金債権を担保とするために、目的物の所有権を売主が留保する制度をいいます。このように担保を取る事は、貸倒れによるリスクから債権者を守る、有効な手段といえます。