借金地獄

少額訴訟

債権の額が30万円以下と低額の時に有効なのが、少額訴訟と呼ばれるものです。この少額訴訟は、通常の訴訟と比較して掛かる時間も短縮が出来、費用も低く抑えられる事から、近年ではその利用者も増えています。特に、賃貸マンション等の家賃や敷金と保証金の返金トラブルなどで、少額訴訟に持ち込まれるケースが増えています。このように誰でも簡単に訴訟が起こせる時代がきた事で、他人に対する賠償のリスクに対しての準備がとても重要視されて来ています。まず少額訴訟は簡易裁判所に訴えを提起致します。申立てには、印紙と予納郵券がそれぞれ数千円必要となります。そして、少額訴訟の最大の特徴は1回の審理で即日結審する事です。もしも審議結果に不服がある場合、異議申立ては出来るが、控訴などは出来ません。また、同じ民事訴訟手続きを利用して、被告が逆に原告を訴える反訴も出来ません。更に、証拠調べも限定され、証人尋問も簡素化されている事から、もしも訴訟の準備が不十分であれば、原告に不利な判決が出てしまい兼ねません。当然、控訴も出来ませんので、注意しなければなりません。また、判決は和解を前提にしている事から、債務者の資産状況や支払い能力を考慮する指針が強い為、債務を分割払いにしたり、3年以内で期日を先延ばしにするような判決が出される事もあります。よって少額訴訟は、契約書や債務承認書などの証拠も充分に揃い、勝訴が間違いないケースに利用するのは良いが、逆に事案が複雑で争点が複数ある場合などは、通常の訴訟を選択する事が薦められます。