借金地獄

債権回収の請求

債権回収の準備が速やかに整えば、債務者に対して請求を行わなくてはいけません。この場合、電話での請求は余計なトラブルの元になりますので、極力それを避けて文章による手段を講じる方がベストとなります。特に、一度の請求に応答が無いようであれば、内容証明郵便に切り替えて再度請求してみる事が有効となります。ちなみに、内容証明郵便とは、送付文章の存在を郵便局が謄本として証明してくれるものです。通常の郵便では、無視をしていた債務者も、内容証明郵便であれば大抵の場合、何らかのアクションを起こします。更に、内容証明で送る文章の中に法的手段を講じる旨の文面が書かれていると、効果は高くなります。但し、債務者からの回収をスムーズに進めておくのであれば、法的手段は最後の手段としておき、最初は債務者の立場を考慮した交渉が望まれます。例えば、債務を履行してもらえた時の、債務者に対するメリットを提案してあげる事も有効な手段といえます。または、利息を保留する代わりに元本だけを支払ってもらうような新しい返済プランを提案するなど、債権者側が譲歩するような姿勢が債権回収をスムーズに進める手立てにもなります。また、債務者側に訪問をする時には注意が必要です。面対での交渉は、お互いが感情的になりがちだからです。そして、逆に脅迫行為にとられてしまう事もあるからです。特に、保証人でもない債務者の家族への訪問は厳禁です。なお、消費者金融など貸金業者は、午後9時から午前8時までの、電話や訪問は禁止されています。