借金地獄

債権回収の注意点

金融業界において、債務者と債権者の間には、いくつかのルールが存在します。それは、債務者は債権者に、借りたお金をきちんと返済をしなければならないルールです。しかし経済動向や、身辺状況の変化などから、このルールがきちんと履行されないケースも生まれてきます。但し、お金の返済が滞ったからといって、強引な債権回収は許されておらず、債権の回収方法にもルールが存在しています。まず債権を回収するには、債務者の支払い能力が必要になります。資産も無く、支払い能力の無い人から債権の回収は履行出来ません。また、債権を回収する時に必要となるのが債務者の支払う意思です。その為には、債務者に支払う気持ちを持たせるように、債権者側から働きかけなければなりません。この支払い能力と支払い意思が無い債務者に対しては、裁判所を通して強制執行を取る事も難しく、また裁判で勝利をしたとしても、債権の回収が出来ない事も起こりえます。もしも債権者が複数で競合してしまう時は、1社だけで取り立てを行うよりも、債権者同士の情報交換など、協力も重要となってきます。そしてもう1点、債権回収において注意が必要なのは、債権の消滅時効と呼ばれるものです。この消滅時効は債権によって異なりますが、一般の債権は10年、これが企業間の売掛金債権であれば2年と短くなります。その為、債権が時効を迎えて消滅するリスクが高い時は、時効の中断を裁判所に申し立てることも可能です。この場合、裁判所に訴訟を起こすケースと、裁判所の手続きにより差し押さえを下してもらうケースがあります。または、債務者から直接、支払に対する承認を取る事です。いつまでに支払うのかを明記した債務承認書を作成する事で、時効は中断されます。