借金地獄

債権の回収記事一覧

金融業界において、債務者と債権者の間には、いくつかのルールが存在します。それは、債務者は債権者に、借りたお金をきちんと返済をしなければならないルールです。しかし経済動向や、身辺状況の変化などから、このルールがきちんと履行されないケースも生まれてきます。但し、お金の返済が滞ったからといって、強引な債権回収は許されておらず、債権の回収方法にもルールが存在しています。まず債権を回収するには、債務者の支払...

債権回収の準備が速やかに整えば、債務者に対して請求を行わなくてはいけません。この場合、電話での請求は余計なトラブルの元になりますので、極力それを避けて文章による手段を講じる方がベストとなります。特に、一度の請求に応答が無いようであれば、内容証明郵便に切り替えて再度請求してみる事が有効となります。ちなみに、内容証明郵便とは、送付文章の存在を郵便局が謄本として証明してくれるものです。通常の郵便では、無...

民事執行には、債務不履行に陥った債務者に対して、法的手段を強制的に行う「強制執行」と、抵当権や質権に基づいて、財産を競売に掛ける「担保執行」の2種類があります。強制執行をするには、地方裁判所へ申立てを行わなければなりません。この場合、不動産や動産など、執行する物件が所在する地区を管轄する地方裁判所への申立てが必要です。また、この申立てには3〜4万円程度の手数料が必要となります。更に、申立てを行うに...

取引先の資金繰りが厳しくなり、債務が履行されなくなったり、振り出された手形が不渡りを起こしていれば、債権者にとっては手遅れになってしまいます。そして、取引先から支払の延期を求められた時は黄色信号といえます。このように、黄色信号の兆候が現れた時は、債権者にとって担保を設定する事が重要となります。この担保には、「約定担保」と「法定担保」の2種類があります。そして、約定担保には留置権や先取特権などがあり...

債務者より履行が実行されず、債権回収が必要となった時、法的な訴訟を起こしたりするのではなく、出来る限り当事者間の話し合いで解決を望む事もあります。そのような時に利用をするのが民事調停です。民事調停は、裁判官と民間人によって構成された調停委員会が、当事者間の和解成立を目指して援助や協力を行うものです。そして当事者間で合意が得られれば、訴訟を起こした時の判決と同様に強制執行が行われる事になりますが、合...

債権の額が30万円以下と低額の時に有効なのが、少額訴訟と呼ばれるものです。この少額訴訟は、通常の訴訟と比較して掛かる時間も短縮が出来、費用も低く抑えられる事から、近年ではその利用者も増えています。特に、賃貸マンション等の家賃や敷金と保証金の返金トラブルなどで、少額訴訟に持ち込まれるケースが増えています。このように誰でも簡単に訴訟が起こせる時代がきた事で、他人に対する賠償のリスクに対しての準備がとて...

債務者に対して、内容証明郵便を出すなど、再三に渡って債権の回収の請求を掛けても、一向に取り合わなかったり、話合いが付かない場合は、いよいよ裁判所を利用しての法的措置を取る事になります。裁判所を利用した、法的な債権回収方法には、支払督促に通常訴訟や少額訴訟、または民事調停などがあります。その中でも、債務の存在や債務の金額について争っているのでは無く、話合いに応じようとしない為に、民事調停などの手段が...