借金地獄

自己破産をするとどうなるのか

自己破産の申し立てにより、裁判所が破産手続き開始の決定を行う事で、債権者は直接債務者への取り立てが出来なります。更に、免責決定が下されると、債務者はそれまでの債務の支払義務が無くなる事にもなります。こうした自己破産を申し立てる事により、多少のメリットこそはありますが、やはり自己破産は社会的信用を失ってしまう、デメリットの方が大きいといえます。特に、金融期間に対する信用の喪失と、それに伴う不利益は、これからの社会生活の中で、ついて回る事になってしまいます。一般に、最長10年は銀行からの融資が受けられなくなるといわれています。また当然、自己破産は家族の知る事となり、家族や親戚からの信頼を損なう事にもなります。また、それが離婚等の家族崩壊にも繋がりかねません。特に、家族や親戚が連帯保証人になっていれば、債権者は連帯保証人に対しても、取り立てが開始される事にもなります。そして持ち家があれば、家が競売に掛けられる事も、充分に考えられます。こうした社会や家族からの信頼の喪失は、計り知れない程、重たいものといえます。その他にも自己破産により、債務者は自分の財産を自由に動かす事が出来なくなったり、裁判所の許可なしに住所の変更が出来ないなどのデメリットがあります。また、自己破産による資格制限で、会社役員や弁護士などの一定の職業に就く事も出来なくなります。近年では、クレジットカードの普及などに伴い、簡単に多重債務から自己破産を申請する人が増えています。特に、若い女性に多いといわれています。しかし、自己破産によるデメリットを良く知ったうえで慎重な決断が求められます。