借金地獄

自己破産と住宅ローン

自己破産手続きを裁判所に申し立てると、破産手続きの開始が決定されます。ちなみに自己破産は、債務者の財産の有無によって、管財人が異なってまいります。財産らしきものが無ければ、破産管財人は選任されずに、破産の決定と同時に手続きは終了します。これを同時廃止事件と呼んでいます。それに対して、財産を処分して債権者間に平等に分配する必要があるケースでは、管財人が選任されて管財事件の取り扱いとなります。なお、法人や個人事業主の場合は、管財事件として取り扱うのが原則となります。よって自宅も競売に掛けられ、換価された現金が債権者に平等に配当される事となります。なお、個人の自己破産のケースで、自宅を所有してはいるが、その自宅の資産価値よりも、ローンの残高の方が高い場合は、相殺される事で管財事件とはならずに同時廃止事件となるケースもあります。しかしその場合であっても、大抵の場合は、抵当権の実行によって自宅が競売に掛けられてしまいますので、いずれにしても自宅は失う事になってしまいます。また自己破産の手続き開始には、それと同時に免責の申し立ても行われます。これは借金を作って破産にまで追い込まれてしまった原因が、ギャンブルなどの遊興費など、自業自得の浪費によって作った借金でないのであれば、免責が認められる可能性が高くなります。こうして免責が認められ、初めて債務者はそれ以後の借金の支払い義務がなくなる事になります。