借金地獄

自己破産について記事一覧

自己破産の申し立てにより、裁判所が破産手続き開始の決定を行う事で、債権者は直接債務者への取り立てが出来なります。更に、免責決定が下されると、債務者はそれまでの債務の支払義務が無くなる事にもなります。こうした自己破産を申し立てる事により、多少のメリットこそはありますが、やはり自己破産は社会的信用を失ってしまう、デメリットの方が大きいといえます。特に、金融期間に対する信用の喪失と、それに伴う不利益は、...

自己破産手続きを裁判所に申し立てると、破産手続きの開始が決定されます。ちなみに自己破産は、債務者の財産の有無によって、管財人が異なってまいります。財産らしきものが無ければ、破産管財人は選任されずに、破産の決定と同時に手続きは終了します。これを同時廃止事件と呼んでいます。それに対して、財産を処分して債権者間に平等に分配する必要があるケースでは、管財人が選任されて管財事件の取り扱いとなります。なお、法...

自己破産により、自分の財産は自由に処分する事が出来なくなり、持ち家などは競売に掛けられてしまう可能性があります。しかし妻の固有財産については、自己破産による効力は及びません。これは民法で夫婦別産制を採用している事が、基本の考えになります。よって結婚前から妻が所有していた財産は、妻固有の財産となります。更に、結婚後であっても妻の自分名義の預貯金など、妻が自分の名義で得た財産は、妻固有の財産として扱わ...

自己破産を行いますと、債務者の自己財産は当面の生活費だけを残して、すべて換価されて、債権者に配当される事になります。よって債権者は、債務者が自己破産をする前に、返済が滞った時点で、財産の差し押さえを行うと致します。何故ならば、債務者が自己破産の申し立てを行い、裁判所による破産手続き開始の決定があると、差押さえ手続きは停止してしまい、新たな差し押さえが出来なくなってしまうからです。これは給与も同様と...

自己破産を申し立て、裁判所の破産手続き開始の決定後に、更に免責の決定があれば、債務者は債務から開放される事になります。この債務とは、一般には金融機関からの借入れや、取引会社からの債務となります。しかし、これ以外にも離婚した妻への慰謝料賠償や、子供の養育費、または交通事故の過失などによる、第三者への損害賠償なども、自己破産をする事により支払が出来なくなります。よって自己破産制度では、こうした賠償支払...