借金地獄!債務整理で借金の悩みから解決できます

債務整理

近年のクレジットカード社会では、カードを利用した気軽なキャッシングが急速に普及しました。しかしそれに併せて、カードの繰り返し利用から債務が膨れ上がってしまい、返済が滞ってしまった人も増加をしています。特に若い女性では、カードを利用しての買い物を繰り返す事で、多重債務者から自己破産まで及んでしまう人が増えています。このように、借金など債務の返済が滞ってしまった場合に講じる、問題解決手段が債務整理といえます。この債務整理には、債務者が裁判所に申立てを行い、法律に遵守して行う公的な債務整理と、裁判所を介する事なく、債権者と債務者との間で話し合う事で解決を行う、私的な債務整理の2種類に大別が出来ます。そして債務整理の目的は、債務者の負担を軽減する事で、自立支援を行う事としています。債務整理のどの方法であっても、借金の返済で困っている人を、守る為の解決方法であるという事です。具体的には、裁判所への申立て、または弁護士や司法書士へ依頼する事で、債権者からの取立てを止め、借金の減額や免除を行います。そして債務者の負担を軽減しながら、返済計画の作り直しを行います。また債務整理の方法によっては、ローンの残る住宅を手放したり、持ち家が競売に賭けられたりする事もなく、財産を手元に残しながら整理をしていく事の出来る方法もあります。また、債務の返済だけでなく、利息制限法に基づいて、これまで高い利息で払い過ぎている過払い金の返済を求める、債務整理もあります。こうした過払い金の返済を受ける事は、本来は元金の返済に使われているべきものとして、債務が減額に繋がります。残念ながら、借金をしている後ろめたさから、その債務を整理する事もネガティブな行為に捉えている人が多くいます。しかし、自力で債務を返済が出来なくなってしまい、親族や友人からお金を借りたり、これまでより金利の低い銀行から借入れを追加したりする事は、抜本的な解決法とはいえず、借金を返す為に借金をしている事に他なりません。返済について悩むのであれば、1日でも早く債務整理について、専門家に相談する事が最良の対策といえます。